HOME > projects02

雪ケ谷制御研究所の住所は2018年4月に
同じビルの8階802号室に引っ越しました。ビル側の都合です。電話もメールも変わりません。

雪ヶ谷表紙.jpg

キャパシタ自動車プロジェクト

伊東写真VVV キャパシタ004.jpg

キャパシタを5千本つないで自動車を動かす発想を即実験をして実証して見せたのは1980年代の終わりでした。現在米国のステラモーターが同じ発想で急成長していますが、20年も先行していました。


プロジェクト時機  1980年代終わり頃
クライアント  自主開発
行ったこと 発案、キャパシタの5千本買い付け、試作自動車に取付、実験、製品化の可能性を証明
行った内容 実際に、アルミとベニア板のボデーを作り、電動機も手巻きで製作し、5千個のキャパシタをつなげた電気自動車を設計、製作し、走行実験まで行った。
キーポイント それまでは従来の電気自動車の発想は、専用電池の開発であった。量産型の安いキャパシタを5千個もつなげて、電気自動車に使う発想を、実際に実機を作り実験をして見せた。現在、米国のステラモーターが同じ発想をして、世界で話題になっているが、20年も前に発想をして実験を行ったいた。
効 果 メーカーが取り上げなかったので、自主実験だけに終わった。
備 考  

試作電気自動車の全体写真試作電気自動車の全体写真試作電気自動車の全体写真伊東写真UUU 電気自動車車体013.jpg伊東写真UUU 電気自動車車体013.jpgボデーをベニア板でつくり試乗電気自動車ボデー写真運転席電気自動車前面写真電気自動車試作車写真フロント部

試作電気自動車のシャシー部分写真試作電気自動車のシャシー部分写真試作電気自動車のシャシー部分試作電気自動車のシャシーの一部試作電気自動車のシャシーの一部試作電気自動車のシャシーの一部電気自動車ボデー写真運転席試作電気自動車の車輪部分試作電気自動車の車輪部分

雪ヶ谷1ロゴ.jpg

このサイトは伊東孝彦君が50年余
経営してきた個人の技術研究所を
紹介するために学友が制作したもの