自動車輸出物語 

ホームページ

国別表

メーカー別表


記載日付:2009年2月10日
ライター:鈴木富司
番号:000-080
タイトル:商事会社による自動車開発 その2 (コルトミニ) 
  
 日本ではミニキャブという名前で売り出していた軽自動車のトラックがあります。 それを、コルトミニという名前でインドネシアでも販売をしたのです。通常ですと 完成車を日本から送り、市場の動向をみながら国産化をする訳ですが、 当時インドネシアでは完成車は輸入禁止でした。いきなり国産の為のプレス型を つくったり組立ラインを設置して売り出すのです。

 例によって、インドネシア市場に合った車にしたいと言う要望を出して、バスシャーシー 型のコルトミニにしたわけです。発売日も決めて、宣伝広告も準備して生産の状況を 見ていたのですが、2つの事件ともいうべき事態が発生しました。

 モネ君という技術担当の役員さんが、「鈴木さん、大変だ!」って事務所に飛び込んで きました。状況を聞いて、思わず唸ってしまいました。工場から上がってきた車を引き取り ガソリンを注入したら、吹き上げてきてガソリンが入らないというのです。 そのままでは、とても地方に出荷できません。ガソリンタンクは、設置する場所によって、 給油管の長さが違います。トラックの場合は、管が短いから、吹き返しの現象は 起きないのですが、床の底の方に配置した、管の長い場合は空気を逃がしてやる 仕掛けが必要なのです。

 何しろ、酷い状態のカロサリーというボデー屋で、このコルトミニのシャーシーを 自己流で焼き切ったり溶接をして、ボデーを架装するものですから、余分な部品は 付けたくないのです。日本では複雑な配管や装置がついていたのを、「全て不要です。」 「付いていたら危険です」と、現地判断で簡単な構造に設計変更をしていたのです。

 先輩に「生兵法は大けがのもと」と新入社員の時に言われていたのに、大失敗でした。 そこで、現地部隊としては大急ぎで対策を施しました。モネ君と第25話「ヨーロッパの 一匹狼の技術者って凄いマルチ」でも紹介したドイツ人のオートナー氏にも力も借りて 吹き返しのないガソリンタンクに仕上げて発売に間に合わせたという物語です。

 これも、「鈴木さん大変です。」って驚かされた事件の物語です。輸送車の問題です。 当時、専門の運送業者などおりません。ジャカルタからスラバヤまでの陸送も、 われわれの守備範囲です。小さな軽自動車をいくら人件費の安いインドネシアでも、 1台ずつ輸送していたら、コストが合いません。そこで、自動車輸送車を設計させました。 2トントラックをベースに3台だったか、4台のコルトミニを載せる自動車運搬車です。

 スリップして、荷台に載らないというのです。裏のカープールに飛んで行ったら、 タイヤが匂うほどスリップさせているので、直ぐ止めさせました。荷台もついていない 軽自動車ですから、考えてみたら当たり前、後ろが軽すぎて、急勾配を登らなかった のです。何台載せられるかは、経済性に大きな影響がありますから、図面を 見せて貰ったりして議論をしていたのですが、輸送の専門家ではありませんし、気が 付かなかったのです。

 どうやって、解決したかは、はっきり覚えていませんが、全権を持っていますから、 何でも指示できます。確か、載せるジャカルタと降ろすスラバヤのカープールに 傾斜の緩い助走台を設けさせたかと思います。あるいは、ロープで牽引して 引き上げる方式であったかも知れません。

 内地の商事会社では、専門家を見つけて注文をすれば良いのですが、海外で 事業をする場合には、自分で知恵を出しながら、現地の人たちと解決をしなければ ならないのです。それはエキサイティングなことでした。「大変だ」って言われる度に
ファイトが湧きました。解決すれば、それだけ達成感もありますし、こうやって 30年前のことでも、思い出して楽しんでいます。

 次回も、開発に関する話題を思い出しましょう。

-----------------------------------------------
◆ 自動車輸出ホームページ−−−−−→http://www.tomiji.net/jidoosha/index.html
◆ バックナンバー −−−−−→ 
       http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000038036
◆ ご意見・ご感想・投稿はEメールで(歓迎)−ー→suzuki @ tomiji.net
   (迷惑メール回避のため、@の前後にスペースを入れてあります)
◆ おともだちにこのメールマガジンの登録をすすめる場合は −ー→
             http://www.mag2.com/m/0000038036.htm

   まぐまぐしたくなったら -> http://www.mag2.com/
かいじょしたくなったら -> http://www.kaijo.com/
けんさくしたくなったら -> http://www.lib2.com/
----------------------------------------------------------- 
  このところ、地域の防災、防犯のボランティア活動の割合が増えてきました。 定年を楽しむ近くの仲間と一杯やるのも楽しみです。

Webマガジン「寺子屋」塾の大番頭は、引き続きやっています。
 http://terakoyajuku.jp
は、毎週更新しています。

 Googleのアドワーズのコンテンツネットワーク広告というのが、 なかなか面白そうなので、目下勉強中です。英文契約.COMほか、 各種プロジェクトの応援をしたいと思っております。

鈴木富司
http://www.tomiji.net
http://www.eibunkeiyaku.com
http://terakoyajuku.jp
http://www.tomiji.net/jidoosha/index.html

                                                 前の物語 

次の物語