自動車輸出物語 

ホームページ

国別表

メーカー別表


記載日付:2008年2月22日
ライター:鈴木富司
番号:000-078
タイトル:配属はタイ向けいすゞトラックの輸出事務
 
 どんな生き様であったか、この世に何をしに生まれたのかという視点で 自動車輸出物語を書き直そうとしています。先ずは、配属された日の ことから語りましょう。

 社員食堂での話です。自分の座った位置は、覚えていますが、 誰がどこに座ったかまでは確かでありません。話の内容はざっと 下記のようなものだったのです。

 「えっ、君は肉を食べないの」
 「えー、明日からは食べますが、今日のところは食べることが できないのです。」
 「何故? 変っているねー。今まで肉を食べたことはないの。」
 「えー、家庭の宗教の関係で四足二足は食べないことになって
いるのです。」
 「魚は? 海外に行っても食べないの。」
 「いや、今戸籍を抜く手続きをしていますから、抜けたら食べることにします。手違いで3月中に抜ける筈だったのが
4月にずれ込んでしまったんです。」

 もう、中学時代からずっと毎日のように繰り返された質問ですから、 慣れたものでしたが、流石に新入社員でしたから、冷や汗ものでした。 比較的紳士的に対応を受けたのではないかと思いますが、上司達の 対応までは覚えておりません。

 「若いときから、どんな価値観も受け入れられる訓練をしてきた」って 今だから言えるのですが、一寸強烈なスタートでした。

 私は、1960年4月1日に三菱商事に入社し、即日、機械第三部輸出第二課に 配属になりました。何ヶ月かは総合研修やソロバンの研修があるわけですが、 どうも会社中で一番忙しい課に配属になったようでした。

 与えられた仕事は、タイ向けいすゞトラックの輸出事務でした。 それまでも輸出はしてはいたのですが、大口のバス会社などへ 納める大口商談だけだったのが、「市販」と称して一般のユーザーを対象と するものスタートしたのです。何と、入社したその月から、毎月定期的に 船積をされるというのです。課全体が勢いづいている感じでした。

 前任者が4月の20日にはロンドンに私費留学をするというので、 入社早々仕事の引継がはじまりました。50年近くも前のことですが、 日付まで鮮明に覚えています。当時の有名な駐ソ大使の息子さんで、 田舎出の私とは別世界のひとでした。他の新人は研修会に出ているのに、 私だけはもう実務で、最初から残業もしていました。

 この「市販」と称する一般のユーザーを対象とする取引は、当時の商事会社に とってはコペルニクス的に違う取引だったのです。それが始まった月に私が 入社したのは運命的だったとも考えられます。商売のやり方が全く違います。 商事会社自身がサービスセンターを設立し、部品在庫を持って一般のユーザーに 対応するわけです。トラック本体の在庫も持ち、傘下の販売店の店頭に並べるわけ ですから、リスクも発生します。そういう商売がどういう意味を持つのか次号以下で 語りたいと思うのですが、昨年、テレビ朝日のサンデープロジェクトで、 三菱商事のタイでの自動車販売を取り上げていましたから、社会的にも意義が あったようです。
-----------------------------------------------
◆ 自動車輸出ホームページ−−−−−→http://www.tomiji.net/jidoosha/index.html
◆ バックナンバー −−−−−→ 
       http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000038036
◆ ご意見・ご感想・投稿はEメールで(歓迎)−ー→suzuki @ tomiji.net
   (迷惑メール回避のため、@の前後にスペースを入れてあります)
◆ おともだちにこのメールマガジンの登録をすすめる場合は −ー→
             http://www.mag2.com/m/0000038036.htm

   まぐまぐしたくなったら -> http://www.mag2.com/
かいじょしたくなったら -> http://www.kaijo.com/
けんさくしたくなったら -> http://www.lib2.com/
----------------------------------------------------------- 
  自動車輸出物語のHPをリニューアルしました。多少写真も載せました。
http://www.tomiji.net/jidoosha/index.html
これからも充実をさせて行こうと思います。

 Webマガジン「寺子屋」塾の大番頭は、引き続きやっています。
http://www.samuraitime.com/terakoya/index.html

鈴木富司
http://www.tomiji.net
http://www.mekiki.ne.jp

                                                 前の物語

次の物語